懐かしいのに新しいリノベの匠

耐震診断

耐震工事、実は安い!

耐震工事・・・実はそんなに金額が変わらない!!

費用比較グラフ

耐震の為のリフォームでなく、リフォームのついでに耐震補強をおすすめ致します。

建物調査0

耐震年表でわかること あなたの家の耐震性能を年表で確認してみましょう

  • 補強計画よりも、建て替えをお勧めします。
  • 現行の建築基準とお幅に異なっています。専門家による耐震性のチェックをしてください。
  • 壁量不足の可能性が高いと思われます。一応専門家による耐震性のチェックをしてください。
  • 壁量は十分ですが、接合部や壁の配置バランスの改善が必要な可能性があります。
  • 現行の建築基準です。

耐震補強工事

  • 耐力壁(室内)設置

    耐力壁(室内)設置
    筋交いで補強した壁をデザインとして見せることが可能です。

  • 防湿・防蟻処理

    防湿・防蟻処理
    床下の腐食を防ぐ防湿処理と、シロアリを防ぐ防蟻処理を実施します。

  • 耐震補強金物取付

    耐震補強金物取付
    柱や筋交いの端部に耐震金物を取付けて補強します。

  • 屋根の軽量化

    屋根の軽量化
    瓦屋根などを金属ルーフなどに変えて軽量化し、耐震性を高めます。

バランスが大切

闇雲に筋交いや金物をつけても耐震性能は上がりません。
場合によっては建物のバランスを崩し、耐震性能を下げてしまうなことになりかねません。

プロに正確に診断してもらうことをお勧めいたします。

無料建物調査お申し込みメールフォーム

無料建物調査お申し込みはこちらよりお願いします。
下記のフォームに必要な情報をご入力していただき送信を押してください。
また、お急ぎのお客様はお電話でも受け付けておりますので、そちらからもご予約いただけます。

希望内容
建物調査
お名前必須
ご住所必須

電話番号必須
メールアドレス任意
調査希望日必須
希望日
希望時間時~
ご質問等任意

調査というと大げさに聞こえるかもしれませんが、解体後の追加工事の発生やトラブルを防ぎ
安心安全なお住まいをご提案させていただくためには、このようなお住まいの調査は欠かせません。